変態王子と笑わない猫。 11 (MF文庫J)

1年ぶりの最新刊だと思ったら物語上の最終巻でもあった。
次巻はエピローグ集?になるらしいが。
なんというか綺麗に纏めたな、と。
いつも以上に妄想ピンナップが激しく、挿絵も新キャラ(初めて描かれるという意味で)まで用意。
シリアス展開が続く本編を適度に脱線させる王子には本当に脱帽です。
最後の最後で役に立った例のノート(娘の将来を心配する母の願いそっちのけ?)。
で、結局月子の本音(表情)はどうなったのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mask

Author:mask
おまじない:天安門事件

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク